かずみのバイナリー奮闘記!

バイナリーオプションの予想配信をしています。日々の取引結果やバイナリーオプションに関しての情報などを書いています。ネット詐欺が多発している昨今、少しでも多くの人がバイナリーオプションで稼げるよう毎日配信をお送りしていますので、興味があればお声掛けください。

バイナリーオプション【バイナリーオプションと雇用統計】

明日の3月8日は月に一度のお祭り といわれるあ米国雇用統計 です。
この雇用統計 ですが、米国市場だけではなく、世界のマーケットにおいてもっとも重要視されている指標のひとつです。
毎月第一金曜日の朝8:30(日本時間22:30、サマータイムは21:30)に発表されるこの雇用統計 が、なぜここまで市場において重要視されているのか、お話したいと思います。



・雇用統計とは何か?

雇用統計とは各国の政府が発表する経済指標の一つで、その国の失業者がどれくらいいるとか、どれくらい増えたかを数値で発表してます。

その中でやはり米国の景気が、世界で一番経済に影響を与えるので、米国の雇用統計が大きく注目されるのです。よく雇用統計がどうした、、と話題になるのは、ほとんどの場合が米国の雇用統計のことを指しています。

〝失業率〟〝非農業者部門雇用者数〟 が一番有名ですが、〝建設業雇用者数〟〝製造業雇用者数〟〝小売業雇用者数〟〝金融機関雇用者数〟〝週労働時間〟〝平均時給〟など全部で10数項目の発表があります。
その中でもマーケットが一番重要視しているのが〝非農業部門雇用者数〟です。簡単に言うと、「農業以外の分野で給料をもらっている人がどれだけいるか」 という数字です。

   

・〝非農業部門雇用者数〟が良ければ円安ドル高方向へ

それでは〝非農業部門雇用者数〟が良い数字を叩き出すと、どのような影響が生まれるのか説明します。

〝非農業部門雇用者数〟が予想より多ければ、アメリカの経済が堅調に推移していると見られます。
簡単に言うと、景気がよいということです。
景気がよければ、企業の業績が上がり給料も上がり物価も上がります。 市場経済がインフレ方向に傾けば、アメリカの中央銀行であるFRBは「利上げ」というかたちでインフレにブレーキをかけようとします。

利上げをすれば、ドルの価値は上がります。 そのため、みんなドルを買おうとする わけですね。ドルを買う=円安ドル高方向へ進むということになります。

逆に〝非農業部門雇用者数〟の数字が悪ければ、逆方向へ進む可能性が高くなります。

・まとめ

為替のレートはアメリカの雇用統計の結果次第で大きく動区ということがわかりました。

為替取引する人はアメリカの雇用統計の結果を注目していきましょう。

雇用統計発表後のチャート例です。

usd20180205_5m-1024x412

このように発表直後に急激に上昇しているのがわかります。私自身の体験では過去に一瞬で1円以上も動くことがありました。かなりえげつない動きでしたね(笑)

しかし、前もってきちんと分析すれば事前に動きがわかります。動きがわかるということは勝てるということですね。

きちんと調べてから取引をすることで利益を出すので為替取引です!私自身も日々学んでいます。

FRBの動向や、世界経済のこれから先を予測するためにも、米国雇用統計はしっかりとチェックしていきたい指標です。


応援よろしくお願いします^^
ポチってくれたら嬉しいです♪

↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 

人気ブログランキング

わたしと一緒にバイナリーをやりたい方は
連絡取りやすいようにLINEを載せておきますが
最近は物騒なので必ずSNSサイト(フェイスブックツイッター、インスタ、掲示板)から
ブログを見たとお伝えください(*^^)v

 

もちろんバイナリーの相談事や教えて欲しいなども気軽にお声かけください(*^^)v

 

ここ最近〝何のメリットがあって無料で教えてい
るの?〟
とよく聞かれますのでここでお答えしますね(^^♪

 

今後は私自身が本格的なコンサルを出来たらと思っています!
完全無料レクチャーは
そのための実績作りなのです♪ 

 

今はフリーでやってる私なのですが
いずれは講師として名乗れるくらいになりたいので
その実績確保の為なのです(^_-)-☆

 

ですので!これは私にとっても凄くメリットのある事になるんですね♪

 

LINEID→kazukazu0099mi
LINEかずみmini

あまりつぶやきませんが(笑)
ツイッター:@kazukazu0099mi

 

センスはありませんが(・・;)
インスタユーザーネーム:kazumibinary